\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

ダンベルはどこで買う?ドンキなど売ってる場所は?選び方や安く買う方法を解説

ダンベル どこで買う

最近流行りの宅トレ。

YouTubeでも正しいトレーニングの方法を学ぶことができるので、気軽に始めることができます。

ジムに出掛けることなく手軽に始めることができるので、おすすめでもあります。

今回は筋トレには欠かせない、ダンベルがどこに売っているのか、購入するにはどのような方法があるのか調べてみました。

ダンベルをお探しの方はこちら!

日替わりお得情報!

Amazon【日替わり】タイムセール!

人気の商品が日替わりで毎日お得!

掘り出し物もチェック!

\期間限定!70%以上の割引あり /

目次

ダンベルはどこで買う?売ってる場所は?

それでは早速みていきましょう。

ネット通販(おすすめ)

  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング

ダンベル自体が5キロ10キロと重いため、実店舗で購入して駐車場、あるいは自宅まで持ち帰ることがなかなか大変です。

ネット通販で購入することで、自宅へ届けてもらえるというメリットがあります。

また、商品の種類も実店舗より豊富であることや、自宅でゆっくり選ぶことができることができるため、ネット通販で購入することにはメリットが沢山あります。

普段から楽天市場を利用している場合には、ポイントを貯めることができたり、購入時にポイントを利用することで安く購入することもできます。

デメリットは、1,000円以下だと送料がかかる場合が多いということくらいですが、ダンベルで1000円以下だと粗悪品が多いのでお勧めしません。

住んでいる地域や注文した時間にもよりますが、最短で翌日届く場合もあります。

送料がかからないで注文できる場合や、急ぎではない場合には大変おすすめです。

スポーツショップ

  • アルペン
  • ヒマラヤ
  • スポーツオーソリティ
  • ムラサキスポーツ
  • ゼビオ
  • スポーツデポ

スポーツショップに置いているのは重量のある商品が中心となります。

店舗にもよりますが、10キロ着脱式のものやダンベルプレート、可変式ダンベルやフレックスベルなどの専門的な商品が売っています。

経験者におすすめです。

スポーツショップでの購入は、現物を見て選ぶことができる点や、店員さんにその場で質問をすることができるのが良い所です。

持ち帰りのことを考え、自家用車で店舗まで行くことをおすすめします。

ホームセンター

  • DCM
  • カインズ
  • コメリ
  • コーナン
  • ダイキ
  • ホーマック
  • ケーヨー

ホームセンターの中にも、ダンベル(鉄アレイ)を売っています。

スポーツ・トレーニング・フィットネス用品の売り場で見つけることができます。

「タニタのタニタサイズリングダンベル」や「ウエイトを追加できるダンベル」、「ケトルダンベル」や「ビューティアレー」などを購入することができます。

店舗によって商品の取り扱いがある場所とない場所がありますのでご注意ください。

ドラッグストア

  • サンドラッグ
  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ

ウエルシア薬局・サンドラッグ・マツモトキヨシの中には、トレーニング・シェイプアップ用の器具を置いている店舗もあります。

しかし、置いてあるのはごく一部の店舗に限りますますのでご注意ください。

ダイソー(100均)

大手100円ショップのダイソーでは、250グラムから2キロのダンベルを購入することができます。

鉄製のもの以外にも、プラスチック製で中に水や砂を入れて重量を調整することのできるタイプもあります。

自宅でエクササイズをする場合などは、調整のできるこちらのタイプも良さそうです。

また、ウォーターダンベルや、赤・青などのおしゃれなダンベルもあります。

軽めのものが低価格で手に入るので、初心者にはおすすめです。

セリア(100均)

セリアでは、ダンベルは売っていません。

しかし、リストウエイトという手首に巻き付けて負荷をかけるトレーニンググッズが販売されています。

小売店・量販店

  • ニトリ
  • ロフト
  • ヨドバシカメラ
  • ビッグカメラ

ニトリでは1キロののダンベルを売っています。

ロフトでは、羽立工業の「ソフトグリップダンベル」や「プロアバンセのダンベル」があります。

家電量販店のヨドバシカメラにはアウトドア・スポーツ用品の売り場があり、そこに売っています。

その他の店舗でもフィットネス・トレーニング用品のある辺りを探してみましょう。

アディダスのネオプレンダンベルや、MTGのケトルベルを購入することができるようなので、こちらの商品が気になっている方はおすすめです。

イオンなどのスーパー

イオンのプライベートブランド、トップバリューでは、独自商品のクロームダンベル(1キロ・2キロ・3キロ)や、ベルト付きダンベル(チェリー・ターコイズ・プラム)を販売しています。

小型店にはコーナーがない場合もありますので、お近くの店舗に取り扱いがあるかは確認してみてから向かうほうがいいでしょう。

ダンベルの選び方や購入時のポイント

可動式か固定式か決める

ダンベルには、重さを変えられる可動式と、重さを変えられない固定式があります。

可動式は、トレーニングによる筋力レベルの向上に合わせて、重さを変えることができます。

なので、1度購入すると長期間使うことができるのがメリットです。

固定式は、重さを変えることはできません。

しかし、デザインやカラーバリエーションが豊富です。

また、可変式と比べて価格が安くなっているので、初めてトレーニングを始めようとしている方にはおすすめです。

ただし、鍛えて筋力があがってきた場合、レベルに応じた製品を新たに購入する必要が出てきます。

重量を決める

重量を決める際には、「効果的なトレーニングを安全におこなうことができるかどうか」が大切です。

初心者の男性なら5~10kgを目安にすると良いでしょう。

女性であれば2~3kgくらいのものから始めることがおすすめです。

筋トレが目的の方は、自分自身の筋肉量に対して重さが軽すぎると、効果を発揮することができません。

しかし、重すぎるとケガにつながる可能性もあるので、必ずご自身に合った重さのものを購入するようにしましょう。

シェイプアップが目的の場合は、重くしていくよりも、軽いダンベルで多くの回数をこなしていく方が効果的でしょう。

素材を決める

アイアン・・・他の物に比べて低価格で購入することができるので、初心者の方にもおすすめです。

違う重さのものをいくつか揃えることで、いろいろな部分を鍛えることができます。

ただし、錆びやすいので管理には注意が必要です

使用後は汗を拭き取り、清潔にしておくことを心がけましょう。

クローム・・・錆に強い素材なので、管理が簡単です。

金属特有のにおいが少ないのでアイアンが苦手な方にもおすすめです。

また、クロームメッキ加工を施しているので高級感があり人気の素材です。

握りやすさ・・・グリップの握りやすさはトレーニングのしやすさに影響します。

汗をかくと滑りやすくなるため、金属製のものは特に、表面に滑り止め加工などが施されているものを選ぶと安心です。

また、ダンベルの扱いに慣れていない初心者や女性の方には、ラバーコーティングされているものがおすすめです。

ダンベルを安く買う方法

実店舗で購入する場合も、ネット通販でも、セールが行われる時に安く購入することができます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどはタイミングや人によってポイント還元率が変わります。

しかし、品揃えやポイント還元率などをふまえた上で最安値を考えると、ネット通販で購入するのが一番安く購入できます。

ネット通販サイトでは、いろいろなセールを行っているた、こまめにチェックすることをおすすめします。

楽天市場

  • 5のつく日
  • 楽天スーパーセール
  • お買い物マラソン

Amazon

  • ブラックフライデー
  • タイム祭りセール

Yahoo!ショッピング

  • PayPay祭
  • 5のつく日

ダンベルの人気はどれ?自宅で使うおすすめ紹介

しっかりトレーニングしたい方にはこちらがおすすめです。

ワンタッチで0.5キロから20キロ重さを簡単に変えることができ、人間工学に基づいた滑り止めグリップも採用されています。

とてもかわいらしいデザインで、床に置いたときに傷になりにくい、PVC樹脂コーティングを施されています。

自然故障の際に使える、90日間の保証もついています。

ダンベルについて知恵袋などによくある質問

ダンベルを昨日からはじめてましたが案の定筋肉痛です。腕は全然動かせます。軽い筋肉痛でもダンベルは続けた方がよろしいのでしょうか?

筋肉痛が直るまで筋トレはやめましょう。他の所を鍛えましょう。

新しいダンベルを探しています。長く使えるもので、 重さは20kg以内、予算の上限を1万円ちょっとまでと考えています。

鉄のダンベルをおすすめします。ファイティングロード、アイロテック、ボディーメーカーなどがおすすめです。

まとめ

ダンベルにもいろいろな種類がありましたね。

売っている店舗は身近にありそうですが、種類の豊富さや値段のことを考えると、ネット通販で購入することも検討されると良いでしょう。

ネット通販だと、自宅まで重いダンベルを届けてくれることも良いですね。

実店舗で購入する場合は、車でお店まで行くようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次